うまかぁ~黒豚と肴料理 まん 横浜店 のこだわり

『みなさまに、九州の良さを味わってほしい・・・』

そんな想いから 「うまかぁ~黒豚と肴料理 まん 横浜店」は、産地にこだわり、使用している食材の多くを九州から仕入れてみなさまにご提供しております。

黒豚しゃぶしゃぶのこだわり

■こだわり抜いた鹿児島産黒豚

鹿児島の雄大な大地でのびのびと育った黒豚。サツマイモを食べて育った鹿児島産黒豚にはクセがなく、「豚」特有のくさみやしつこさがありません。

そして、黒豚の脂身にはうまみを引き出すアミノ酸が多く含まれるためあまみがあり、べとつきません。溶けにくくあっさりしたた食感が、口の中いっぱいに広がります。一般の豚肉と比べて肉の繊維がきめ細かく、やわらかさがあり食べやすいのが最大の特徴です。 薩摩では古くから「夏バテに効果的な健康食」とされてきた理由がうなずける逸品です。

肉の繊維が細かくやわらかい、そして豚肉特有の臭みがないのが特徴です。徹底した衛生管理と品質管理のもとに育てられた黒豚は、コク・旨みをタップリ含みとってもジューシー。鹿児島黒豚販売指定店で仕入れたので自信をもってお客さまに提供いたします。しゃぶしゃぶ、スペアリブ、炙り焼き、焼豚・・・どの料理も黒豚を100%堪能できるのが魅力です。

 

■サルフェート含有の鹿児島霧島火山深層水を使用

九州 鹿児島県霧島(高千穂峰)の大地に降り注ぐ雨水が、長い年月をかけてミネラル豊富な岩盤を通り抜け、地下144mに溜まり水となってできた水が「霧島 火山岩深層水」。岩盤の豊富なミネラルが水に溶けだし、日本では本当に珍しい「中硬水」です。硬水には無い“飲みやすさ”と軟水には無い“ミネラル量”バランスに優れ、クセが無く、まろやかなお水でしゃぶしゃぶを召し上がれ。

■黒豚の甘みを最大限に引き出す『特製だしつゆ』

一般的にゴマダレやポン酢で食べるしゃぶしゃぶですが、「うまかぁ~黒豚と肴料理 まん 横浜店」では一切お出ししておりません。こだわりにこだわった「特製だしつゆ」でお召し上がりいただいております。他では味わえない極上の仕上がりです。

 見た目は色が薄く透き通ってる旨味と甘みを凝縮したかつおベースのだしつゆです。毎日、かつおだしをひいて丸秘調味料をブレンド。料理長がこだわり続けた集大成がここにあります。しゃぶしゃぶの後の残っただしつゆは、そのままスープとしてもおいしいです。

黒豚しゃぶしゃぶの美味しい楽しみ方!

STEP1 さっとくぐらせる

鍋の中のまん特製昆布だし湯が沸騰したら、昆布だし湯に2~3回しゃぶしゃぶとくぐらせてお召し上がりください。黒豚は煮すぎず、薄いピンク色くらいになれば食べごろです。

 

STEP2 新鮮お野菜もご一緒に

黒豚でだしが出てから、お野菜をお入れください。お野菜は “だしのでるもの” 、“煮えにくいもの” の順番で入れるのがポイントです。

 

STEP3 あとは口に運ぶだけ!

まずは黒豚だけを、「特製だしつゆ」につけて召し上がれ。やわらかい黒豚とだしつゆのあっさりとした風味が口の中に広がります。

次は「柚子胡椒」を入れてみて。

薬味はあなたのお好みに合わせて調節を。「ねぎ」と「柚子胡椒」でひと味違った楽しみ方も…。最後は、野菜と黒豚を一緒に。野菜本来の食感と、黒豚のとろけるような舌触りがマッチしてやみつきになること間違いなし。

 

<MEMO>

「柚子胡椒」は、九州独特の薬味で、地元では鍋料理や味噌汁などオールマイティに用いられました。器のへりに添えて、少しずつ、特製だしつゆに混ぜて香りと辛味をお楽しみください。

 

店長のオススメ

鍋のしめにはうどん!と思われがちですが、まんの一押しは「日本ソバ」!おソバ独特の美味しさとあっさりだしはベストコンビネーション。お腹がいっぱいでもこれは別腹?ぜひお試しあれ。

 

熊本より空輸される”馬刺し”

馬刺しは、九州熊本県で長年親しまれてきた郷土料理です。昔は食べれば健康になるとまで言われた馬刺し。その文化は今も尚息づいており、地方では民間治療法としての役割も根強く残っています。お客様に提供している「馬刺し」は阿蘇の雄大な自然で丹念に育て上げた自信作。美しい桜色の馬肉は甘くとろけるような味わいです。コレステロールが低くヘルシー、健康に気を使っている方にもオススメしたい料理です。

 

薩摩若軍鶏/さつま地鶏

日本三大美味鶏の一つといわれ、愛されてきた鹿児島県自慢の「薩摩若軍鶏」とほどよい脂肪と、適度な歯ごたえ、特有の旨味を感じる「さつま地鶏」は創業35年の老舗から仕入れています。「うまかぁ~黒豚と肴料理 まん 横浜店」では、さつま地鶏はお刺身として、「薩摩若軍鶏」は串焼きとしてご提供。新鮮なもも肉を贅沢に炭火で焼きました。表面は香ばしく中身はジューシー。噛むほどに独特の風味をかもし出し、キリッとしまった肉質は、本物の味を醸しだす絶品料理です。

 

まん特製 "さつま揚げ"

鹿児島では「つけあげ」と呼ばれる特産品さつま揚げ。一般的に、魚のすり身に鹿児島産の地酒と調味料を加えて、菜種油で揚げたものです。「うまかぁ~黒豚と肴料理 まん 横浜店」では本場九州鹿児島より仕入れた魚のすり身を使って自家製さつまあげをお出ししております。お出しするさつまあげは、野菜天、芋天、牛蒡天、チーズ天、蓮根天の5種。揚げたてのさつまあげの美味しさを十分に堪能してください。

 

天日古代塩 

  ~美しい海からの贈りもの~

 一般的に“自然塩”と言われるものは、外国産の原塩(岩塩)ににがりを混ぜるなどして作られているものが多いです。「うまかぁ~黒豚と肴料理 まん 横浜店」がみなさまに提供している「天日古代塩」は、熊本県天草郡生まれ。地元で昔から伝えてきた太陽と風と人力を利用した製法で作った塩はミネラルが豊富で、『美味しい』と感じることでしょう。美しい天草の海水を原料として丹念に創った本当の意味での自然海塩です。